情報を探す

注目の「キーワード」

大前研一が斬る。グローバルビジネスの今を伝える実践型ジャーナル。
「脱原発」か「存続」か 大前研一が提示する原発を動かす「最後の条件」とか? 原発再稼働「最後の条件」
成功者・ビジネスマン必携!オーディオブック作品集 大前研一
大前研一Blog ニュースの視点 ニュースの先を読み解く、ブログ&メールマガジン
ビジネス・ブレークスルー インターネットを利用した学習プログラム
ビジネス・ブレークスルー757ch スカパーやWebでご視聴いただける番組
教えて大前先生/大前研一書店 プレジデント社特設サイト
日経BPnet 連載 大前研一の「産業突然死」時代の人生論
大前研一 公式Facebookページ 大前研一の情報を配信
情報を探す
書籍詳細

大前研一 世界の潮流2020~21

著者名
大前研一
出版社
プレジデント社
ジャンル
ビジネス・経済(書籍)
発売日
2020年6月 1日

内容紹介

2時間でわかる
世界の政治・経済・産業動向の決定版。

コロナ・ウイルス後の世界にも言及!!

◎累計7万部超『世界の潮流』シリーズ
◎2020〜21年の世界を分析した渾身作
◎現代を俯瞰できる用語解説付き
◎就職・転職にも役立つ

マッキンゼー伝説のコンサルタント で「帝王」として名を馳せた 大前研一氏の1日は、毎朝4時に始まります。
NHK「ワールドニュース」を観て、 世界の動向に想いを馳せるのが大前氏の日課 です。またiPadで、膨大な世界のニュースを 収集し、分析し、アウトプットとして残します。

論文でブレグジッドの危険性をいち早く警告し、 それを読んだイギリス本国のBBCから 取材を受けるなど、大前研一氏の視点は、 世界に向けられています。
大前氏の緻密に分析された情報は、雑誌や書籍、 WEB等で発信されていますが、これらの エッセンスが詰まったのが、この本です。

主に論じるテーマは以下の通りです。

日本→安倍政権の「残念な政策」ワースト5 アメリカ→世界に広がるトランプ・ベノムの影響 中国→新帝国主義とアジアインフラ投資銀行 欧州→ブレグジッド後のイギリスと日本の関係

コロナ・ショック後に大きく変わる 世界の最新情報がわかります。

まえがき
第一章 世界経済の動向―日本化=低欲望化する世界
第二章 世界情勢の動向―分断される世界
第三章 二一世紀のあるべき姿―「分断」から「連帯」へ
第四章 日本の動向-劣等感の塊になってしまった日本
第五章 日本はどうすればいいのか
あとがき


【contents】
まえがき

第一章 
世界経済の動向─日本化=低欲望化する世界
はっきり下向き傾向を示す世界経済
世界的に高まる政治リスク
1.米中覇権争い
2.香港問題
3.不安定化する中東情勢
4.英国のEU離脱問題
5.拡大するポピュリズム
拡大する中国の影響力
中国の新帝国主義とアジアインフラ投資銀行
世界中で起こる金利引き下げと金融緩和
MMTの正当性はない
世界中で悪化する上場企業の業績
純利益を大幅に伸ばしたのは、圧倒的に中国企業
世界的な流れの自動車産業の凋落
実体経済を正確に反映していない世界の株式市場
世界的なカネ余りで伸びるベンチャー企業の資金調達額

第二章
 世界情勢の動向─分断される世界
「自国第一主義」と「ポピュリズム」で衆愚政治が拡大する世界
三権分立が危うい米国の民主主義
トランプ大統領は中央銀行の政策にも介入
世界に広がるトランプ・ベノムの影響
イギリスでは保守党が大勝し、ブレグジットが決定
大きく躍進したスコットランド国民党
ブレグジットが、日本に及ぼす影響
EUの盟主ドイツとドイツ国内の動向
フランスのマクロン大統領とフランス国内の動向
EUと欧州の論点
1.ブレグジット
2.デジタル課税
3.NATO
4.欧州議会内のEU懐疑派が躍進
5.温暖化ガスゼロ
6.EU新規加盟の承認問題
中国の経済規模と経済成長の要因
アメリカが行う中国における「人権問題の内政干渉」
中国の問題を解決する方法である「中華連邦構想」

第三章
 二一世紀の世界のあるべき姿─「分断」から「連帯」へ
機能不全に陥っている国際会議と国際機関
ブラジル「アマゾン火災」問題と「パリ協定」を巡る対立状況
グローバルIT企業と「デジタル課税」
基軸通貨としての米ドルの問題点
デジタル通貨、国際決済システム構築の動き
世界の「連携」「協調」への道筋

第四章
 日本の動向─劣等感の塊になってしまった日本
偉大な首相として国民に記憶される人の共通点
安倍政権の「残念な政策」ワースト五
ワースト一位、アベノミクス
ワースト二位、外交政策
ワースト三位、働き改革
ワースト四位、地方創生とふるさと納税
ワースト五位、マイナンバー
劣等感の塊になった日本
日本は確実に静かな死を迎えようとしている
円の価値を高めて、資産の購買力を上げよ
四〇〇〇年の歴史をもつ中国経済の底力
クオリティ国家を目指せ
「二一世紀における新しい繁栄の方程式」

第五章
 二〇二〇年、日本はどうすればよいのか?
二〇二〇年における日本最大の問題
答えがない時代の教育のあり方
クオリティ国家の教育システム
これからの日本の教育システムの方向性
外国人労働者を頼るしかない
「ワンチーム」という発想
外国人労働者が活躍できるための仕組み

あとがき

同じジャンルの他の情報を見る

ビジネス・経済(書籍)

同じ年の他の情報を見る

2020年

この商品に設定されたタグ

コロナ世界の最新情勢世界の潮流世界経済大前研一

記事投稿日:2020年05月25日

この書籍を読んで「印象に残った言葉」を募集しています

この書籍を読んで「印象に残った言葉」と「その理由」を投稿してください。
投稿していただいた「印象に残った言葉」の中から特に良かったものを、当サイトトップページなどでご紹介いたします。
※投稿頂いた内容は運営事務局にて確認させて頂き、一部を本ウェブサイトのトップページにて活用させて頂きます。投稿頂いた内容に対しての返答は致しません。

お名前
メールアドレス
コメント
twitter