情報を探す

注目の「キーワード」

大前研一が斬る。グローバルビジネスの今を伝える実践型ジャーナル。
「脱原発」か「存続」か 大前研一が提示する原発を動かす「最後の条件」とか? 原発再稼働「最後の条件」
成功者・ビジネスマン必携!オーディオブック作品集 大前研一
大前研一Blog ニュースの視点 ニュースの先を読み解く、ブログ&メールマガジン
ビジネス・ブレークスルー インターネットを利用した学習プログラム
ビジネス・ブレークスルー757ch スカパーやWebでご視聴いただける番組
教えて大前先生/大前研一書店 プレジデント社特設サイト
日経BPnet 連載 大前研一の「産業突然死」時代の人生論
大前研一 公式Facebookページ 大前研一の情報を配信
情報を探す
書籍詳細

大前研一「ビジネスモデル」の教科書

著者名
大前 研一、編著:ビジネス・ブレークスルー大学総合研究所
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ビジネス・経済(書籍)
発売日
2016年7月14日

内容紹介

BBT大学での人気授業を書籍化!「もし、自分が社長だったら?」……ニトリ、Airbnb、コカ・コーラ等など、今話題の企業の「経営課題」に取り組みながら、「ビジネスモデル」のつくり方を学ぶ1冊です。
12のパターンで学ぶ「儲けの仕組み」のつくり方。大前流「戦略的思考」のプロセスがわかる!

≪目次≫
【Part1】大前式ビジネスモデルの描き方
・もしあなたが社長ならばどうするか?
・大前式ケーススタディの「3つの特徴」とは
・答えが見えなくても結論を言い切る
・「分析・考察・結論づけ」の技術
・大前の「思考プロセス」を学べ

【Part2】実践ケーススタディ「もし、あなたが経営者ならば」
・Case1 ザ コカ・コーラカンパニー 新しい「ビジネスモデル」をつくる
・Case2 ローソン 正念場での「成長戦略」の描き方
・Case3 Uber 「急成長の痛み」に向き合う
・Case4 任天堂 変化に対応し「ヒット」を生む
・Case5 キャノン 業界の危機、「生き残り」の戦略
・Case6 Xiaomi(シャオミ) 「ローカル企業」が世界一を狙う
・Case7 ゼンショーホールディングス 「ブラック企業」からの復活
・Case8 クックパッド 好調の裏に隠れた「真の課題」
・Case9 日本経済新聞社 「買収」をムダにしない戦略
・Case10 Airbnb 「法規制」と「成長」のジレンマ
・Case11 ニトリホールディングス 「最高益」の時こそやるべきこと
・Case12 島精機製作所 どうしたら「中国」に勝てるか

同じジャンルの他の情報を見る

ビジネス・経済(書籍)

同じ年の他の情報を見る

2016年

記事投稿日:2016年10月12日

この書籍を読んで「印象に残った言葉」を募集しています

この書籍を読んで「印象に残った言葉」と「その理由」を投稿してください。
投稿していただいた「印象に残った言葉」の中から特に良かったものを、当サイトトップページなどでご紹介いたします。
※投稿頂いた内容は運営事務局にて確認させて頂き、一部を本ウェブサイトのトップページにて活用させて頂きます。投稿頂いた内容に対しての返答は致しません。

お名前
メールアドレス
コメント
twitter