情報を探す

注目の「キーワード」

大前研一が斬る。グローバルビジネスの今を伝える実践型ジャーナル。
「脱原発」か「存続」か 大前研一が提示する原発を動かす「最後の条件」とか? 原発再稼働「最後の条件」
成功者・ビジネスマン必携!オーディオブック作品集 大前研一
大前研一Blog ニュースの視点 ニュースの先を読み解く、ブログ&メールマガジン
ビジネス・ブレークスルー インターネットを利用した学習プログラム
ビジネス・ブレークスルー757ch スカパーやWebでご視聴いただける番組
教えて大前先生/大前研一書店 プレジデント社特設サイト
日経BPnet 連載 大前研一の「産業突然死」時代の人生論
大前研一 公式Facebookページ 大前研一の情報を配信
情報を探す
書籍詳細

新・大前研一レポート[緊急復刊版] 日本を変える83の政策提案+新章「コロナ禍で露呈した行政の問題とあるべき姿」

著者名
大前 研一
出版社
マスターピース | good.book(グーテンブック)
ジャンル
ビジネス・経済(書籍)
発売日
2020年10月30日

内容紹介

2020年、コロナ禍において明らかになった日本の行政の問題点とその解決策を、1993年発行の書籍を紐解き解説。「コモンデータベース」「デジタルガバメント」など、これからの日本を考えるために必要となる提案がまとめられています。

※本書は1993年に発行された『新・大前研一レポート』(講談社)の復刊版書籍です。
復刊に際して、2020年6月に経営者を対象とする講演会で大前研一が語った「新型感染症への対応から明らかとなった日本の行政の問題点とあるべき姿」を加えました。

■新章「コロナ禍で露呈した行政の問題とあるべき姿」
マスク配布や10万円給付申請の混乱から、行政の課題が見えてきました。その背景にはマイナンバー制度を含めた行政のデジタル化が、各自治体でバラバラに進められてきた経緯があります。
また、テレワークへの移行を妨げる「ハンコ文化」や、他国に比べて感染症対策におけるIT活用が進んでいないことなどにも、行政システムのデジタル化の遅れが見えます。

これに対する、大前研一の5つの提言を収録しました。
①国民全員がIDを持つコモンデータベース
②コモンデータベースを委ねる「人権府」の設置
③国民目線で行政サービスを統合したデジタルガバメントの構築
④最先端の知識を持つ民間のIT技術者を閣僚に抜擢
⑤スーパーシティ構想の展開

■復刊『新・大前研一レポート』
本書には日本を変えるためにまとめた83の法案が収録されており、その中には上記の今の課題に対して解決を示唆する提案が豊富に含まれています。

時間の経過によって、一部には現状にあてはめづらいものも含まれますが、国内外で既存のシステムが構造的限界を迎えるなか、国民目線の立法提案の重要性は増しています。

これからの私たちのための行政を考えるために本書を復刊いたします。

本書より
『立法行為こそ民主主義の国に残された唯一の合法的変革のプロセスなのである。』
『日本を変えていくにはルール(法律)によって変えていくしかない、という点を念頭に置き、読者諸氏も「日本は変えられるのだ」という信念を持って読んでもらいたい。』

≪目次≫
新章 コロナ禍で露呈した行政の問題とあるべき姿
 コロナ禍で露呈した日本行政の問題
 これからの行政のあるべき姿への提言

復刊 新・大前研一レポート
 第一部
 第一章 日本の将来
 第二章 日本の真実
 第三章 新しい需要の創出
 第四章 改革の担い手はいるか
 第二部
 第五章 国家運営の再構築
 第六章 日本を変える法案集
 第七章 日本の選択

同じジャンルの他の情報を見る

ビジネス・経済(書籍)

同じ年の他の情報を見る

2020年

記事投稿日:2020年11月16日

この書籍を読んで「印象に残った言葉」を募集しています

この書籍を読んで「印象に残った言葉」と「その理由」を投稿してください。
投稿していただいた「印象に残った言葉」の中から特に良かったものを、当サイトトップページなどでご紹介いたします。
※投稿頂いた内容は運営事務局にて確認させて頂き、一部を本ウェブサイトのトップページにて活用させて頂きます。投稿頂いた内容に対しての返答は致しません。

お名前
メールアドレス
コメント
twitter