情報を探す

注目の「キーワード」

大前研一が斬る。グローバルビジネスの今を伝える実践型ジャーナル。
「脱原発」か「存続」か 大前研一が提示する原発を動かす「最後の条件」とか? 原発再稼働「最後の条件」
成功者・ビジネスマン必携!オーディオブック作品集 大前研一
大前研一Blog ニュースの視点 ニュースの先を読み解く、ブログ&メールマガジン
ビジネス・ブレークスルー インターネットを利用した学習プログラム
ビジネス・ブレークスルー757ch スカパーやWebでご視聴いただける番組
教えて大前先生/大前研一書店 プレジデント社特設サイト
日経BPnet 連載 大前研一の「産業突然死」時代の人生論
大前研一 公式Facebookページ 大前研一の情報を配信
情報を探す
書籍詳細

新・仕事力: 「テレワーク時代」に差がつく働き方

著者名
大前研一
出版社
小学館
ジャンル
ビジネス・経済(書籍)
発売日
2020年7月30日

内容紹介

新書版まえがき――目標を「見える化」できるかどうかがカギだ

はじめに――もはや「エクセレント・カンパニー」は生まれない

第1章● 君たちはどう働くか
――間違いだらけの「働き方改革」

1 給与・資産は〈日本一人負け〉状態
2 政府「働き方改革」では何も変わらない
3 「同一労働同一賃金」は誰のためか
4 ICT時代に求められる仕事力
5 「一人」でも世界は変えられる

第2章● 「エクセレント・パーソン」の条件
――これからの人材戦略と教育のあり方

1 「構想力」は鍛えられる
2 人材育成のキーワードは「見える化」
3 自社に必要な人材は「青田買い」すべし
4 社会人に必須の「リベラルアーツ」とは
5 〈稼げない大学教育〉の責任を問う
6 「尖った人間」が企業の命運を決める

第3章● 公務員こそ「働き方改革」を!
――国を貧しくさせているのは誰なのか

1 「人づくり革命」という幻想
2 マイナンバーは全面改修すべき
3 今なぜ「公務員の定年延長」なのか
4 低成長国家・日本でどう生きるか

おわりに――「働き方」は自分で決める

新書版あとがき――企業も個人も「プランB」の未来に備えよ

同じジャンルの他の情報を見る

ビジネス・経済(書籍)

同じ年の他の情報を見る

2020年

この商品に設定されたタグ

テレワーク仕事力個人が企業を強くする新・仕事力

記事投稿日:2020年07月27日

この書籍を読んで「印象に残った言葉」を募集しています

この書籍を読んで「印象に残った言葉」と「その理由」を投稿してください。
投稿していただいた「印象に残った言葉」の中から特に良かったものを、当サイトトップページなどでご紹介いたします。
※投稿頂いた内容は運営事務局にて確認させて頂き、一部を本ウェブサイトのトップページにて活用させて頂きます。投稿頂いた内容に対しての返答は致しません。

お名前
メールアドレス
コメント
twitter