情報を探す

注目の「キーワード」

大前研一が斬る。グローバルビジネスの今を伝える実践型ジャーナル。
「脱原発」か「存続」か 大前研一が提示する原発を動かす「最後の条件」とか? 原発再稼働「最後の条件」
成功者・ビジネスマン必携!オーディオブック作品集 大前研一
大前研一Blog ニュースの視点 ニュースの先を読み解く、ブログ&メールマガジン
ビジネス・ブレークスルー インターネットを利用した学習プログラム
ビジネス・ブレークスルー757ch スカパーやWebでご視聴いただける番組
教えて大前先生/大前研一書店 プレジデント社特設サイト
日経BPnet 連載 大前研一の「産業突然死」時代の人生論
大前研一 公式Facebookページ 大前研一の情報を配信
情報を探す
書籍詳細

AI&フィンテック大全

著者名
大前研一編著
出版社
プレジデント社
ジャンル
ビジネス・経済(書籍)
発売日
2020年3月31日

内容紹介

AI小作農になるか、プラットフォーマーになるか 
大前研一と業界のトップリーダーたちが語るAIとフィンテックの 最新事情と、ビジネスチャンスのつかみ方!

〈はじめに〉
19世紀の産業革命や20世紀のIT革命にみられるように、新しい技術の誕生がそれまでの人々のライフスタイルやビジネスモデルを一変させてきたのが人類の歴史であるといっていい。
そして今、新たな革命が起ころうとしている。それが本書で取り上げる「AI(人工知能)」と「フィンテック」による革命である。
IT革命も大きなインパクトを世の中に与えた。しかし、AIとフィンテックによるインパクトは、それをはるかに上回るスケールとスピードになるのは間違いない。そして、残念なことに日本はその中で先頭グループにいるわけではないという現実を知る必要がある。下手をすると、後進国になる可能性だってあるのだ。
本書でその現実を知っていただくとともに、今後どのようにこの動きに対応すればいいのかを考えるヒントとしていただきたい。

【目次より】

【パート1】AI編
第一章
AIインパクト 大前研一
第二章
Watsonの「AIビジネスモデル」 吉崎敏文(IBMワトソン事業部長 ・当時)
第三章
トヨタのAI戦略 岡島博司(トヨタ自動車先進技術統括部統括主査)
第四章
DMMが考えるAIへの向き合い方 亀山敬司(DMM.com会長)

【パート2】フィンテック編
第一章
フィンテック最前線 大前研一
第二章
マネーフォワードが変革するお金との関係 辻庸介(マネーフォワードCEO)
第三章
ウェルスナビが提供する、資産運用のAI化 柴山和久(ウェルスナビCEO)
第四章
フィンテックが変革する金融ビジネス 沖田貴史(SBI Ripple Asia前CEO)
第五章
ビッグデータとAIがもたらすフィンテックへの影響 森正弥(楽天技術研究所前所長)

同じジャンルの他の情報を見る

ビジネス・経済(書籍)

同じ年の他の情報を見る

2020年

この商品に設定されたタグ

AI&フィンテック大全BBT×PRESIDENT Executive Seminar

記事投稿日:2020年03月19日

この書籍を読んで「印象に残った言葉」を募集しています

この書籍を読んで「印象に残った言葉」と「その理由」を投稿してください。
投稿していただいた「印象に残った言葉」の中から特に良かったものを、当サイトトップページなどでご紹介いたします。
※投稿頂いた内容は運営事務局にて確認させて頂き、一部を本ウェブサイトのトップページにて活用させて頂きます。投稿頂いた内容に対しての返答は致しません。

お名前
メールアドレス
コメント
twitter