情報を探す

注目の「キーワード」

大前研一が斬る。グローバルビジネスの今を伝える実践型ジャーナル。
「脱原発」か「存続」か 大前研一が提示する原発を動かす「最後の条件」とか? 原発再稼働「最後の条件」
成功者・ビジネスマン必携!オーディオブック作品集 大前研一
大前研一Blog ニュースの視点 ニュースの先を読み解く、ブログ&メールマガジン
ビジネス・ブレークスルー インターネットを利用した学習プログラム
ビジネス・ブレークスルー757ch スカパーやWebでご視聴いただける番組
教えて大前先生/大前研一書店 プレジデント社特設サイト
日経BPnet 連載 大前研一の「産業突然死」時代の人生論
大前研一 公式Facebookページ 大前研一の情報を配信
情報を探す
書籍詳細

日本の論点2020~21

著者名
大前研一
出版社
プレジデント社
ジャンル
ビジネス・経済(書籍)|社会・政治(書籍)
発売日
2019年11月15日

内容紹介

【2時間でわかる「世界と日本の全総括」】
『アホな指導者の下でどう生き抜くか』が今年の 日本の論点の全体テーマとなります。
21世紀に入り20年が過ぎようとしていますが、 世界を俯瞰して改めて感じるのが、民主主義の危 機的状況であると、大前研一氏は言います。
世界各国で「我々のリーダーはしっかりしている」 と胸を張って言える国がどれだけあるのか。
大前氏は、欧州、米国等で進行するポピュリズムの 動きをしっかりと見据えて、全世界が直面する課題 を指摘しながらも、政治・経済・文化のあらゆる 角度から、それらの解決策を提示します。
21世紀を生き残るために日本はどうあるべきか。 また、どこに進めるべきか。
大前氏の1年間の主張が詰まった濃い内容です。

同じジャンルの他の情報を見る

ビジネス・経済(書籍)社会・政治(書籍)

同じ年の他の情報を見る

2019年

この商品に設定されたタグ

日本の論点

記事投稿日:2019年10月29日

この書籍を読んで「印象に残った言葉」を募集しています

この書籍を読んで「印象に残った言葉」と「その理由」を投稿してください。
投稿していただいた「印象に残った言葉」の中から特に良かったものを、当サイトトップページなどでご紹介いたします。
※投稿頂いた内容は運営事務局にて確認させて頂き、一部を本ウェブサイトのトップページにて活用させて頂きます。投稿頂いた内容に対しての返答は致しません。

お名前
メールアドレス
コメント
twitter