情報を探す

注目の「キーワード」

大前研一が斬る。グローバルビジネスの今を伝える実践型ジャーナル。
「脱原発」か「存続」か 大前研一が提示する原発を動かす「最後の条件」とか? 原発再稼働「最後の条件」
成功者・ビジネスマン必携!オーディオブック作品集 大前研一
大前研一Blog ニュースの視点 ニュースの先を読み解く、ブログ&メールマガジン
ビジネス・ブレークスルー インターネットを利用した学習プログラム
ビジネス・ブレークスルー757ch スカパーやWebでご視聴いただける番組
教えて大前先生/大前研一書店 プレジデント社特設サイト
日経BPnet 連載 大前研一の「産業突然死」時代の人生論
大前研一 公式Facebookページ 大前研一の情報を配信
情報を探す
書籍詳細

勝ち組企業の「ビジネスモデル」大全

著者名
大前研一/ビジネス・ブレークスルー大学総合研究所(編著)
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ビジネス・経済(書籍)
発売日
2018年3月16日

内容紹介

21世紀を勝ち抜く企業になるための「ビジネスモデル」のつくり方全公開!

メルカリ、ドンキホーテホールディングス、イオングループなど27の勝ち組企業のケーススタディに基づく、大前流「儲けの仕組み」がこの一冊に網羅! 圧倒的なボリュームで大前流「戦略的思考」の本質に迫る。書き下ろし「大前式『21世紀のビジネスモデル』の描き方」も収録。
「みなさんにも、ここで取り上げている27のケースに対して、『もし自分がこの会社の社長だったら、抱えている問題に対してどう取り組むか』『この会社のトップなら、この会社の事業に対してどのような意思決定を下すか』を自分なりに考えるトレーニングをしてほしいのです」(本書より)。
※本書は、書籍シリーズ「BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ(大前研一のケーススタディ)」として発行されたケーススタディを収録にあたり改題、加筆、新編集したエッセンシャル版です。

【目次】
Part 1 大前式「21世紀のビジネスモデル」の描き方(書き下ろし)
Part 2 実践ケーススタディ「もし、あなたが経営者ならば」
CASE1 イオングループ 「過去の成功体験」に引きずられない
CASE2 しまむら 世界に通用する「ブランド力」を高める
CASE3 ドンキホーテホールディングス さらなる成長に不可欠な「差別化戦略」
CASE4 マツモトキヨシホールディングス 業態を超えた「競争激化」に立ち向かう
CASE5 MonotaRO デジタル時代の「プラットフォーム」戦略
CASE6 グローバルダイニング 「リピーター」を呼ぶ仕掛けを作る
CASE7 燦ホールディングス 「低価格競争」に飛び込むか否か
CASE8 DMM.com 「成長」を導くインセンティブ設定
CASE9 ナガセ 「少子化時代」にどう立ち向かうか
CASE10 メルカリ 「スタートアップ企業」のさらなる成長戦略
CASE11 イオンエンターテインメント 「空き」をビジネスにする経営戦略
CASE12 NTT(日本電信電話) いかに新たな「顧客価値」を創造するか
CASE13 安川電機 「成長分野」での守りと攻めの戦略
CASE14 VAIO 「停滞する市場」で活路を見出す
CASE15 富士通 相次ぐ「異業種参入」で主導権を握る
CASE16 メディアテック 「中国市場の減速」への対応策
CASE17 エスビー食品 出遅れた「海外展開」で逆転を狙う
CASE18 雪印メグミルク 「ガラパゴス」からの脱却と世界最適化
CASE19 永谷園ホールディングス 市場成長を見越した「ポートフォリオ」管理
CASE20 ヤマサ醤油 「最大手の躍進」に死角はないか
CASE21 ミズノ ニッチトップを目指す「マルチブランド戦略」
CASE22 ツムラ 「新市場の開拓」のリスクにどう備えるか
CASE23 小松製作所 新たな「ビジネスモデル」を創造
CASE24 村上開明堂 「競争ルールの変化」に向き合う
CASE25 マツダ 好調の陰に隠れた「構造的な課題」
CASE26 SGホールディングス 「両面戦略」を成功させる
CASE27 京急不動産 地域の特徴を活かした「再開発戦略」

同じジャンルの他の情報を見る

ビジネス・経済(書籍)

同じ年の他の情報を見る

2018年

この商品に設定されたタグ

勝ち組企業の「ビジネスモデル」大全

記事投稿日:2018年03月13日

この書籍を読んで「印象に残った言葉」を募集しています

この書籍を読んで「印象に残った言葉」と「その理由」を投稿してください。
投稿していただいた「印象に残った言葉」の中から特に良かったものを、当サイトトップページなどでご紹介いたします。
※投稿頂いた内容は運営事務局にて確認させて頂き、一部を本ウェブサイトのトップページにて活用させて頂きます。投稿頂いた内容に対しての返答は致しません。

お名前
メールアドレス
コメント
twitter