情報を探す

注目の「キーワード」

大前研一が斬る。グローバルビジネスの今を伝える実践型ジャーナル。
「脱原発」か「存続」か 大前研一が提示する原発を動かす「最後の条件」とか? 原発再稼働「最後の条件」
成功者・ビジネスマン必携!オーディオブック作品集 大前研一
大前研一Blog ニュースの視点 ニュースの先を読み解く、ブログ&メールマガジン
ビジネス・ブレークスルー インターネットを利用した学習プログラム
ビジネス・ブレークスルー757ch スカパーやWebでご視聴いただける番組
教えて大前先生/大前研一書店 プレジデント社特設サイト
日経BPnet 連載 大前研一の「産業突然死」時代の人生論
大前研一 公式Facebookページ 大前研一の情報を配信
情報を探す
書籍詳細

大前研一 日本の論点2017-18

著者名
大前 研一
出版社
プレジデント社
ジャンル
ビジネス・経済(書籍)
発売日
2016年11月12日

内容紹介

累計25万部の大人気シリーズが 今年も発売されます!

「大前研一 日本の論点2017-18」

今年で第四回目の発売となりますが、 マンネリ化は全くありません。 むしろ「進化」を遂げています。

大前研一氏をご存じない方にも、 簡単に説明をさせて頂ければと思います。

大前氏は、ひと言でいえば、比類なき 「世界の知性」。

早稲田大学理工学部を卒業後、 東京工業大学修士課程に進学し、 米マサチューセッツ工科大学で 博士課程を取得。
帰国後は、日立製作所に勤務し、 世界的なコンサルティングファーム であるマッキンゼーカンパニーに 転職し、アジアパシフィックの代表 にまで上り詰めました。
コンサルティング界では、 知らない人がいないほどの 伝説的な人物です。

日本では、松下電器(現パナソニック) の創業者である松下幸之助、ソニーの創業者、 森田昭夫だけでなく、中曽根康弘 首相のブレーンとしても活躍。

世界では、マレーシアのマハティール 首相のブレーンを17年間も務めたほどで、 あのドラッカーの自宅にも招待されました。 世界的なアパレルブランド、ナイキの経営陣 としても名を連ねるなどの経歴を持ちます。

世界的な活躍をするために欠かせないのが、 日頃からの情報収集と分析です。 これらは、世界最高峰レベルです。

大前氏は、毎朝4時に起床して、 世界中のありとあらゆるニュース を毎日読みこんでいます。

これは、自宅だけでなく、国内外の出張先、 プライベートの旅行先からも変わりません。
国際放送、新聞、雑誌だけでなく、 ネットニュースにも目を向けます。

気になった情報には、 第一次情報に確認するべく 世界中に張り巡らした 政財界の情報源に自ら、電話、 メールで、直接連絡を入れます。

政財界で「大前ファン」は、数多くいて、 日本、世界で講演会を数多く開催しています。

このように深く、熟成された大前氏の 分析を経て、書かれたのが同書なのです。

同書は、ビジネス誌最大の 実売部数を誇る雑誌「プレジデント」 の連載をまとめたものですが、 大前氏と熟練の編集者との 共同作業のたまもので制作された 記事の数々は、非常に時流を捉えながらも、 全て内容は濃いです。

これ1冊を読めば、2016年の 総括として使えるだけでなく、 2017年以後の世界、日本の 情勢を「占える」内容に仕上がっています。

まだ読んだことがない方も 是非、手にみてください。

同じジャンルの他の情報を見る

ビジネス・経済(書籍)

同じ年の他の情報を見る

2016年

この商品に設定されたタグ

日本の論点

記事投稿日:2016年11月02日

この書籍を読んで「印象に残った言葉」を募集しています

この書籍を読んで「印象に残った言葉」と「その理由」を投稿してください。
投稿していただいた「印象に残った言葉」の中から特に良かったものを、当サイトトップページなどでご紹介いたします。
※投稿頂いた内容は運営事務局にて確認させて頂き、一部を本ウェブサイトのトップページにて活用させて頂きます。投稿頂いた内容に対しての返答は致しません。

お名前
メールアドレス
コメント
twitter