情報を探す

注目の「キーワード」

大前研一が斬る。グローバルビジネスの今を伝える実践型ジャーナル。
「脱原発」か「存続」か 大前研一が提示する原発を動かす「最後の条件」とか? 原発再稼働「最後の条件」
成功者・ビジネスマン必携!オーディオブック作品集 大前研一
大前研一Blog ニュースの視点 ニュースの先を読み解く、ブログ&メールマガジン
ビジネス・ブレークスルー インターネットを利用した学習プログラム
ビジネス・ブレークスルー757ch スカパーやWebでご視聴いただける番組
教えて大前先生/大前研一書店 プレジデント社特設サイト
日経BPnet 連載 大前研一の「産業突然死」時代の人生論
大前研一 公式Facebookページ 大前研一の情報を配信
情報を探す
書籍詳細

マッキンゼーボーダレス時代の経営戦略 2015年新装版

著者名
大前 研一 著
出版社
マスターピース | good.book(グーテンブック)
ジャンル
ビジネス・経済(書籍)
発売日
2015年3月 6日

内容紹介

※本書は1992年にプレジデント社から発刊された同書をデジタル加工し、著者インタビューを追加収録した2015年新装版です。
新装にあたり、挿入図版はすべてリデザイン・著者インタビューを巻頭収録しております。

■【マッキンゼー社内レポートをコンサルタント大前研一が解説】■
同書は「プレジデント」誌にて大前研一が連載していた「マッキンゼー・ワールド・レポート」に加筆・修正し、発行したものです。

ニューヨーク・ロンドン・チューリヒ・トロント・東京…
世界各地のマッキンゼー事務所スタッフから寄せられたR&Dレポート・論文を邦訳し、 解説を加えて掲載しています。

マッキンゼー社シカゴ事務所ディレクターJoel A. Bleekeによる、アメリカにおける規制緩和が企業に与える影響に関する論文を皮切りに、「多国籍企業の経営変革」「商品化実現力の向上に必要なこととは」「国境を越えたM&Aの鍵」「欧米企業の環境対策」といった”より大きな領域で競争する企業のための分析”が300ページを超えるボリュームで展開されます。

発行からの経年により、収録される統計・事例には古くなり検討が難しくなってしまったものが多く含まれますが、国境を含むあらゆる境界線(ボーダー)の定義が曖昧となり、企業の経済活動が真の意味でグローバルである必要に迫られる現在、大前研一を含むマッキンゼー社コンサルタントが本書で展開した分析を(分析の俎上に載せられた時事トピックがその後どういった展開を迎えたかを含め)振り返ることは、価値を持つものと考えられます。

■【目次】■
新装版発行に寄せて
はじめに
第1章 アメリカ「規制緩和」の衝撃
第2章 「米国企業は日本で成功しない」の大嘘
第3章 日本企業「EC統合」戦略の死角
第4章 「ドイツ通貨・経済統合」に潜む陥穽
第5章 「市場統合」で欧州企業はどこへいく
第6章 二一世紀に日本企業が生き残る条件
第7章 「ボーダレス・マネジメント」革命
第8章 日本企業の「ポストM&Aマネジメント」は落第
第9章 日本企業を巻き込む「クロス・ボーダーM&A」
第10章 「資産神話」崩壊後の企業経営
第11章 日本企業に「真の経営力」はあるか
第12章 資金の「無国籍化」が招く金融不安
第13章 日本の銀行は世界のベストバンクとなれるか
第14章 金融界を震撼させる「企業内銀行」
第15章 「環境」こそ九〇年代超優良企業の課題
第16章 経営革新を生む「新・SIS」
第17章 企業の命運を握る「R&Dマネジメント」
第18章 夢ではない行政コストの六割削減

同じジャンルの他の情報を見る

ビジネス・経済(書籍)

同じ年の他の情報を見る

2015年

記事投稿日:2015年03月19日

この書籍を読んで「印象に残った言葉」を募集しています

この書籍を読んで「印象に残った言葉」と「その理由」を投稿してください。
投稿していただいた「印象に残った言葉」の中から特に良かったものを、当サイトトップページなどでご紹介いたします。
※投稿頂いた内容は運営事務局にて確認させて頂き、一部を本ウェブサイトのトップページにて活用させて頂きます。投稿頂いた内容に対しての返答は致しません。

お名前
メールアドレス
コメント
twitter