情報を探す

注目の「キーワード」

大前研一が斬る。グローバルビジネスの今を伝える実践型ジャーナル。
「脱原発」か「存続」か 大前研一が提示する原発を動かす「最後の条件」とか? 原発再稼働「最後の条件」
成功者・ビジネスマン必携!オーディオブック作品集 大前研一
大前研一Blog ニュースの視点 ニュースの先を読み解く、ブログ&メールマガジン
ビジネス・ブレークスルー インターネットを利用した学習プログラム
ビジネス・ブレークスルー757ch スカパーやWebでご視聴いただける番組
教えて大前先生/大前研一書店 プレジデント社特設サイト
日経BPnet 連載 大前研一の「産業突然死」時代の人生論
大前研一 公式Facebookページ 大前研一の情報を配信
情報を探す
書籍詳細

大前研一ビジネスジャーナルNo.3 「なぜ日本から世界的イノベーションが生まれなくなったのか」

著者名
大前 研一 監修
出版社
マスターピース | good.book(グーテンブック)
ジャンル
ビジネス・経済(書籍)
発売日
2015年2月 6日

内容紹介

■【大前研一総監修ビジネスジャーナル。今回のテーマは"イノベーション"。】■
「海外/国内企業の動向」をデータで示し、「グローバルビジネスの今」を大前研一が分析するビジネスメディアシリーズ第3弾です。
今回も現状打破を目指すビジネスパーソンへ向けて、ファクトに基づく分析をお届けします。

■【特集テーマ:「なぜ日本から世界的イノベーションが生まれなくなったのか」】■
今、日本国内ではテクノロジーを背景とし、多くのベンチャーがこれまでにない勢いで生まれています。
一方で、20世紀後半の「トヨタ」「ソニー」のように"世界で大きくシェアを取ることができる企業"は限りなく少ない、というのが事 実で しょう。
本号では「イノベーションの条件」を海外/国内事例を基に分析し、なぜ、今の日本から世界に進出できるイノベーティブなビジネスが生 まれ なくなっているのか、を考察します。

特集1:産業の境界線を越えていく企業
 ・「いつでも、どこでも、誰とでも」を実現するテクノロジー
 ・テクノロジーが変えた、出版・音楽産業と農業
 ・Internet of Thingsが世界を変える
 ・放送とストリーミングサービス
 ・O2Oと小売り/飲食サービス
 ・通信キャリアVSメッセージングアプリサービス
 ・自動車メーカーVSグーグル
 ・スマート住宅の普及
 ・ダウンロードサービスVS定額課金サービス
 ・定義できなくなった自社・顧客・競合の「3C」
 ・ロボットベンチャーの台頭
 ・「自己否定」と「再定義」を迫られるこれからの企業
 ・産業の垣根を越えて進む「成功事例」に学べ

特集2:「技術×市場=イノベーション」の方程式
 ・勝負は「ハード性能」から「スマホアイコン一発」へ
 ・イノベーションとは「技術革新」だけではなく「市場を創る」ということ
 ・日本から革新的な企業が生まれない本当の理由
 ・日本に「技術」はあるが「イノベーション実現能力」が欠如している
 ・日本企業が進むべき“5つの方向性”
   その1:「脱フルセット型ビジネスモデル」の構築
   その2:「標準化とルール作り」でガラパゴス化を回避
   その3:「プラットフォーム戦略」を念頭に置く
   その4:「顧客視点からの市場創出」を目指した商品企画
   その5:「イノベーション実現能力」が何かを理解した有効な方策
 ・日本企業が集中すべき“希望ある産業”とは何か
 ・日本政府に望まれるイノベーション支援策
 ・イノベーション創出のために必要な「政府自身の改革」
 ・日本から世界シェアを取るためのフラッグシッププロジェクトの提案

■【目次】■
│1│
イノベーションを生み出す人材育成
(インタビュー/大前研一)

│2│
産業の境界線を越えていく企業
(大前研一経営セミナーより編集)

│3│
「技術×市場=イノベーション」の方程式
(大前研一経営セミナーより編集)

│4│
連載:イノベーションの現場から/第1回
(インタビュー/勝屋久×大前創希)

同じジャンルの他の情報を見る

ビジネス・経済(書籍)

同じ年の他の情報を見る

2015年

この商品に設定されたタグ

good.book

記事投稿日:2015年02月06日

この書籍を読んで「印象に残った言葉」を募集しています

この書籍を読んで「印象に残った言葉」と「その理由」を投稿してください。
投稿していただいた「印象に残った言葉」の中から特に良かったものを、当サイトトップページなどでご紹介いたします。
※投稿頂いた内容は運営事務局にて確認させて頂き、一部を本ウェブサイトのトップページにて活用させて頂きます。投稿頂いた内容に対しての返答は致しません。

お名前
メールアドレス
コメント
twitter