大前研一代表作『企業参謀』を初の音声化。10時間を超えて展開される戦略的思考のバイブル。

著者:大前研一、2014年発売の情報" /> オーディオ版企業参謀(2014年新装版)|書籍|情報を探す|大前研一オフィシャルウェブ[OHMAE&ASSOCIATES GROUP]

情報を探す

注目の「キーワード」

大前研一が斬る。グローバルビジネスの今を伝える実践型ジャーナル。
「脱原発」か「存続」か 大前研一が提示する原発を動かす「最後の条件」とか? 原発再稼働「最後の条件」
成功者・ビジネスマン必携!オーディオブック作品集 大前研一
大前研一Blog ニュースの視点 ニュースの先を読み解く、ブログ&メールマガジン
ビジネス・ブレークスルー インターネットを利用した学習プログラム
ビジネス・ブレークスルー757ch スカパーやWebでご視聴いただける番組
教えて大前先生/大前研一書店 プレジデント社特設サイト
日経BPnet 連載 大前研一の「産業突然死」時代の人生論
大前研一 公式Facebookページ 大前研一の情報を配信
情報を探す
書籍詳細

オーディオ版企業参謀(2014年新装版)

大前研一代表作『企業参謀』を初の音声化。10時間を超えて展開される戦略的思考のバイブル。

著者名
大前研一
出版社
マスターピース|good.book(グーテンブック)
ジャンル
ビジネス・経済(書籍)
発売日
2014年9月26日

内容紹介

累計50万部を突破、世界中の教育機関で戦略的思考のバイブルとして活用される大前研一氏の40年以上愛読される不朽の名著が、遂にオーディオブックで登場!

いまや国境を超えた競争時代に突入しているビジネスの世界で成功するためには、企業の中枢で成功のプロセスを戦略的に思考し、実行させる企業参謀の存在がカギとなります。

成功を目指す全ての経営者・あらゆる段階のビジネスパーソンに必要な思考法と実践法のすべてを語る名著を、常に何度でも取り入れることができるオーディオブックとして、お手元に置いてご活用ください。

本書『企業参謀』は、マッキンゼー&カンパニーで活躍するコンサルタント時代の1975年に記された大前研一氏の代表作ともいえる名著であり、現在は多くの言語に翻訳され、世界中の大学教材として活用されている作品です。

組織の中で企業の抱える問題の本質に迫り、その問題を解決して成果を最大化させるという、 コンサルティングファームにて徹底されている思考法・組織論・人材育成の方法等を語った本作品は、業種にも、職種にも、入社年数といった経歴にかかわらず、全てのビジネスパーソンに活用できる、企業活動の基本、戦略的思考の全てが網羅されています。

組織で活動する人が直面するあらゆる課題の解決に直結する内容を含む本作品をじっくりと、繰り返しお聴きいただくことで、あなた自身のビジネスパーソンとしての能力を格段に高めることができ、今まさに直面している問題への具体的な対応方法も、鮮明に見えてくることでしょう。

経営について、組織論について、ビジネスそのものの潮流や在り方について学びを深めたい方にとって、これほど多くの具体的な示唆と思考の方法、実践方法を1冊で網羅したものはありません。

新入社員の方にも、既に経験を積まれてきたビジネスパーソンの方、管理職にも、企業が何をめざし、どのような人材の育成を行いながら進んでいくべきかという全体像を掴める本作品が 成長と成功を後押しする重要な書となることでしょう。

現状を見据え、目的の場所に到達するための最善の策を知るための方法がここにあります。
あなたの大きな第一歩を、ぜひこの名著とともに踏み出してください。

■目次
デジタルリマスター新装版発刊にあたって 現在に活かす『企業参謀』的思考法
Ⅰ部 戦略的思考とはなにか
 第1章 戦略的入門
 第2章 企業における戦略的思考
 第3章 戦略的思考方法の国政への応用
 第4章 戦略的思考を阻害するもの
 第5章 戦略的思考グループの形成
Ⅱ部 戦略的経営計画の実態
 第1章 戦略的に考えるということ
 第2章 〝低成長〟とはなにか
 第3章 戦略的思考に基づいた企業戦略
 第4章 戦略的計画の核心
 附章 先見術 「成功パターン」を透視する必要・十分条件


 ■オーディオブック購入はこちら 
  http://www.febe.jp/affiliate/landing/a73vZL2RSOAQqtIc-1/product/188366

同じジャンルの他の情報を見る

ビジネス・経済(書籍)

同じ年の他の情報を見る

2014年

この商品に設定されたタグ

good.book企業参謀

記事投稿日:2014年11月10日

この書籍を読んで「印象に残った言葉」を募集しています

この書籍を読んで「印象に残った言葉」と「その理由」を投稿してください。
投稿していただいた「印象に残った言葉」の中から特に良かったものを、当サイトトップページなどでご紹介いたします。
※投稿頂いた内容は運営事務局にて確認させて頂き、一部を本ウェブサイトのトップページにて活用させて頂きます。投稿頂いた内容に対しての返答は致しません。

お名前
メールアドレス
コメント
twitter