情報を探す

注目の「キーワード」

大前研一が斬る。グローバルビジネスの今を伝える実践型ジャーナル。
「脱原発」か「存続」か 大前研一が提示する原発を動かす「最後の条件」とか? 原発再稼働「最後の条件」
成功者・ビジネスマン必携!オーディオブック作品集 大前研一
大前研一Blog ニュースの視点 ニュースの先を読み解く、ブログ&メールマガジン
ビジネス・ブレークスルー インターネットを利用した学習プログラム
ビジネス・ブレークスルー757ch スカパーやWebでご視聴いただける番組
教えて大前先生/大前研一書店 プレジデント社特設サイト
日経BPnet 連載 大前研一の「産業突然死」時代の人生論
大前研一 公式Facebookページ 大前研一の情報を配信
情報を探す
書籍詳細

ボーダレス・ワールド

著者名
商品の説明
出版社
プレジデント社
ジャンル
ビジネス・経済(書籍)|社会・政治(書籍)
発売日
1990年11月 1日

商品の説明

ILE(相互連結経済)圏を支配するのは「消費者」である。「提供者側の理論」がもはや通用しない時代に、企業の戦略はどう変るべきか。また、政府の役割、マスコミの責任とは…。いま欧米で一大センセーシヨンを起しつつある話題作の待望の翻訳!

英語版紹介文

Since 1990, when it was first published, The Borderless World has changed the way managers view the world and their businesses, and how they invent, marker, and compete in our new globally interlinked economy. Kenichi Ohmae's groundbreaking bestseller argues persuasively how national borders are less relevant than ever before and identifies key characteristics of top--performing nations and corporations.

In this revised, updated edition, which features a new introduction by the author, Ohmae attributes the American economy of the 1990s to its seamless entry into the borderless world and looks forward toward an uncharted future. He casts a critical, though ultimately hopeful, eye on the financial crisis in Asia and especially in his home country of Japan.

同じジャンルの他の情報を見る

ビジネス・経済(書籍)社会・政治(書籍)

同じ年の他の情報を見る

1990年

この商品に設定されたタグ

グローバル社会経済

記事投稿日:2012年03月21日

この書籍を読んで「印象に残った言葉」を募集しています

この書籍を読んで「印象に残った言葉」と「その理由」を投稿してください。
投稿していただいた「印象に残った言葉」の中から特に良かったものを、当サイトトップページなどでご紹介いたします。
※投稿頂いた内容は運営事務局にて確認させて頂き、一部を本ウェブサイトのトップページにて活用させて頂きます。投稿頂いた内容に対しての返答は致しません。

お名前
メールアドレス
コメント
twitter